略歴

国際エア・リゾート専門学校 卒業
旅行業界を経て、

2007年8月 中途採用入社、賃貸部新潟駅前ロータリー店に配属
2009年4月 売買部新潟駅前店へ配属
2017年8月 主任に昇格
2019年8月 係長に昇格

プロフィール

他業界から転職なさったそうですが、不動産業に興味をもった理由は?
最初は特に不動産というものには興味は特になく、以前の職種が人と接する仕事であり、やはり人を相手にする仕事がしたいと思っていたところ、不動産を扱う仕事を見つけ興味を持ちました。元々は不動産とはかけ離れていた業種であり予備知識もほとんどありませんでした。
現在の売買仲介の仕事、1日の主なスケジュールを教えて下さい。
その日その日で動き方が違うので、決まった1日はありません。案内がある日や契約の日、引渡しの日調査の日、業者回りの日等々。割合としては案内や現地販売会、売買契約などは土日が多く引渡しや調査、業者回りなどは平日にしかできないことが多いです。ですので、しっかり週単位・月単位で計画を立てて行動していくことになります。
賃貸仲介と売買仲介の両方を経験されていますが、仕事のやり方に違いはありますか?
自ら行動を起こさないと仕事は回ってきませんのは賃貸も売買も一緒です。売買仲介の場合は、お客様に説明することが賃貸仲介に比べて多いので、不動産に関する調査関係は売買特有の仕事になります。又、賃貸の場合、居住用が多いのに対し、売買の場合は事業用なども多く扱うので購入される方がどういう目的なのかをしっかりヒヤリングして把握する必要があり、ベストな提案をしっかり考えていく必要があります。
不動産仲介の仕事の面白味はどんなところに感じていますか?
いろんな方と知り合える事です。時には自分より人生経験のある大先輩の方がお客様であることも、逆に年齢が若いお客様でも将来設計がしっかりしている方もいて多くの刺激があります。そのような方々との取引が完結したときには大きな達成感があります。また、非常に難しい案件などを一つ一つ紐解いていききちんと取引を遂行した後は自分自身の勉強にも自信にもなりますし不動産って面白いんだなと感じます。
仕事をしていく上で、心がけていることはどんなことですか?
常に次の準備をする事です。仕事は突発的に舞い込むことも多々あり、その時に即対応が必要なケースもあります。不動産の購入・売却も瞬時で状況が変わることもあり、その時には営業マンもすぐに動かなければなりません。不動産仲介の仕事はお客様との信頼関係のもとで成り立つ仕事ですので、お客様の要望に応えるためにも瞬時に対応できるための事前準備を心掛けています。
就活生へのメッセージ
新卒としての就職活動は人生で一度しか経験が出来ません。だからと言ってそれをプレッシャーにする必要はありません。まずは自ら動いて多くの会社さんと接し、社会勉強のチャンスとして話を聞いてみて下さい。自分の感じたまま動けばよいかと思います。色々回ると自分の感性と合った場所があるはずです。